萩焼深川窯の歴史

  萩焼は、豊臣秀吉が朝鮮に出兵した文禄、慶長の役(1592~98年)の折、毛利輝元公が朝鮮李朝の陶工、李勺光、李敬を日本に招致したことに始まります。
  その約半世紀の後、李勺光の子、山村新兵衛光政(正庵、作之允)の高弟、蔵崎五郎左衛門・赤川助左衛門・助右衛門の一統らが、藩の許しを得て深川三之瀬の地に移り、窯を築きました。その後明暦三年(1657年)には山村新兵衛光政の子、山村平四郎光俊も移住し、「三之瀬焼物所惣都合〆」を命じられ、藩の御用窯として「三之瀬焼物所」が創業しました。これが萩焼深川窯の始まりといわれています。